MNPでは初期費用は覚悟せよ!

後に詳しく書きますが、MNPでは初期費用が掛かります。

MNPでは初期費用は覚悟せよ!|携帯の一番お得な乗り換え

 

なかにはその事実を知らずに乗り換えをしてしまい、翌月の請求が高額になり四苦八苦した経験もあるかもしれません。

 

では乗り換えは本当はお得ではないのでは?と不安に感じる人もいるかもしれませんがただ、その後の手続きにおいて、発生する費用(基本料金や本体価格)などでそれ以上の割引があるので、心配はありません。

 

注意したいのは、MNPでは、その乗り換え月によっては2つのキャリアに利用で代金を払わないといけないことです。パケット代などは、日割りがない為、1ヶ月分の利用代金がかかります。

 

MNPで、出回る商品の情報も大事ですが、乗り換えのタイミングも重要です。

 

例えばもともとのキャリアから転出するときの「MNP手数料」は3社共通で「2,100円」かかります。これに新しいキャリアで「新規契約事務手数料」は3社共通で「3,150円」かかってしまうのです。

 

さらに注意しなくてはいけないのがクレジットカードで毎月の携帯料金を支払っている場合、カードの締め日と乗り換えた日付が悪いと、2つのキャリアの請求が一気に来てしまい、高額なお金がかかる原因にもなります。

 

例えば、毎月携帯料金が1万円だったとして、乗り換えの手続きを行うと、
1万円(毎月の携帯料金)+2,100円(手数料)+3,150円(事務手数料)+新規契約キャリアの携帯料金がかかってくる計算になります。さらに機種を2年間使っていないと違約金として解約時に9,975円(キャリアによって違いがあり)がかかってしまいます。

 

乗り換えというとお得な面ばかりを注目してしまいがちですが、実は他にもかかる費用がたくさんあることを踏まえた上で契約をしないと、後々支払いが苦しくなってしまいます。これらは乗り換えの手続きをする際に必ず説明がありますので、少しでもわからないことがあれば聞いて把握しておくようにしてください。

 

これらの費用がかかる分、冒頭でも述べましたが基本料金や本体料金での割引があり結果として出費が少なくすむように出来ています。家電量販店などに入っているキャリアはポイントとして還元することが多いのです。ポイントだと使える場所が限られてしまうので利用者の本音としてはできるだけ現金で還元してもらった方が嬉しいというのが本音だと思います。その後の使いみちを自分で選択できるのはやはり嬉しいですよね。

 

また乗り換えのほうが比較的新しい機種がお得に手に入ることもあるので、そこから2年間使うことを考えると結果としてお得になることもあります。乗り換えを選ぶときはタイミングをしっかりと見計らうようにしてください。携帯は2年間の契約で機種変や乗り換えのための期間が2ヶ月間設けられています。この期間中に解約しないと解約料などの余計な費用がかかってしまうこともあるので、契約時にも2年後がいつになるのか把握しておき、計画的に乗り換えを行うようにしてくださいね。

TOPへ