大手3キャリアの新プランを徹底比較!

スマホユーザーにとって、2021年3月より大手3キャリアで発表された料金プランが気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

毎月のスマホ料金がお得になることからも、この機会に他社に乗り換えを検討している人もいると思います。

 

docomoやSoftbank、auなどそれぞれの3キャリアの違いについて、わかりやすく説明したいと思います。

3キャリアで新プランの共通している点とは

すべてのキャリアで共通しているのは、データ通信20GBで2,000円台の料金が実現したことです。

 

他にも、2年契約などの拘束期間が一切なく割引をしない、申込みからサポートのすべてがオンライン、キャリアメールを提供しない、5分間の国内通話かけ放題機能がついている点です。

 

3キャリアすべてでサービス開始が3月になるなど、共通している点も多く、どこのキャリアにするべきか迷っている人も多いと思います。

 

特徴として期間拘束がなくなるので、他のキャリアに乗り換えたいと思えばすぐに解約できる点も今までとは違います。

 

どのキャリアにするのかを考えるうえで、まずは共通している点と違いを正しく認識することが大切です。

 

大手3キャリアの新プランを徹底比較!

まずはdocomoやSoftbank、auのそれぞれの新料金プランについて比較します。
各キャリアの特徴としてさまざまな工夫を盛り込んでいる特徴もあります。

docomo

docomoは、5分間の音声定額込の「ahamo(アハモ)を発表しました。他のキャリアとの違いとして、1GB500円でデータ容量の追加ができること、国内通話かけ放題にしたい人向けに月額1,000円でオプションが選択できる点です。

 

そもそもdocomoは家族ですでにdocomoで契約している人がいる場合、複数の回線による割引もあります。アハモを契約している場合は、割引対象にはならないものの、家族回線としてはカウントされるお得さもあります。

 

アハモでは、海外の82カ国の国と地域で、追加料金の必要がなく通信が使えます。仕事で海外に頻繁に行く人や、海外旅行が好きな人にとっても魅力的です。家族でdocomo回線を使っている人が多い人にもおすすめです。

Softbank

ソフトバンクの「SoftBank on LINE」は、もともとMVNOのLINEモバイルを100%子会社化したうえで提供する、新しいサービスになります。

 

Softbankといえば、もともとワイモバイルも提供していますが、3つのブランドとしてニーズの拡大を担う予定です。

 

Softbankの最大の特徴は、LINEの通信をデータカウントしないことです。LINEのメッセージやLINE通話などのデータを20GBにカウントしません。

 

普段からLINEを使って頻繁に連絡を取っている人にとっては大きなメリットになります。

 

今の時点ではLINEトーク&LINE通話のみの予定になっていますが、今後増える可能性も十分に考えられます。LINEポイントなども現在は未定となっていますが、支払に使えるようになるかもしれません。

au

auのKDDIで提供するのは「povo(ポヴォ)」になり、他の大手キャリアよりも500円安い2,480円の料金形態になります。できるだけ安く抑えたいと思っている人にとっては嬉しい特徴ですが、標準の装備として“5分間の音声通話定額”がないため安く設定されています。

 

オプションとして月額500円の音声定額が追加できます。KDDIだけ5分間の音声定額をつけていない理由として、社長曰く、20代以下の6割が月10分未満の通話しかしていないと話しており、普段から無料電話(SNSなどの)を使う人にとっては、標準装備としてつかいている必要がないと感じる人もいると思います。

 

追加したとしても、他の大手キャリアと同じ2,980円になるだけなので、損をしている気持ちにはなりません。

 

KDDIはオプションの選択肢が多く、通話かけ放題(国内)だと月額1,500円、24時間デザリングを含めてデータ使い放題200円などのオプションもあります。

 

今日だけは大量のデータを使いたい!なんてときにもオプションを追加できる柔軟性は、KDDIが一番といっても過言ではありません。

 

3月からの新プランならSoftbankがおすすめ!

スマホ乗り換え.com WEB問い合わせは

お得な大手3キャリアの新プランを、どこにするべきか迷っている人もいると思います。解約の縛りもなくなるとはいっても、選択してから後悔したくないのが本音でしょう。

 

新プランで迷っている人は、Softbankが断然おすすめです。

 

Softbankとして割引などは発表していないものの、今後変わることも十分に考えられます。なんといってもLINEのトークやLINE通話でGBを消費することがないのであれば、20GBで十分だと感じる人も多いはずです。

 

今はLINEを使った連絡方法も増えていること、通話機能を使うことも多く、ついつい長電話になってしまったときも安心です。今後、サービスがより便利になる可能性も秘めているキャリアだからこそおすすめします。

 

まとめ

3キャリアの新プランについて説明しましたが、どれもお得に使えるプランなのは間違いありません。なかでもLINEがカウントされないSoftbankが注目されそうですね。ただし、オンラインでしか申し込みができず、サポートなども店頭では受けられません。今まで店頭でサポートを受けていた人は、このポイントは注意したほうが良さそうです。

                                              
TOPへ