auユーザーは、機種変か乗り換え、どっちがお得?

今までauを使っていた人がそろそろ更新月になるので、そのまま機種変しようか、他社に乗り換えしようか迷っている人もいるのではないでしょうか。

 

少しでもお得に乗り換えたいと気になっている人もいると思います。誰だって損をしたくないと思う気持ちはありますね。

 

これからauユーザーが機種変をするべきか?乗り換えをするべきか迷っているあなたに詳しく説明していきます。

 

auユーザーが機種変するときは?

まずauユーザーが機種変をすると、さまざまなメリットがあります。たとえば対象のスマホを購入するときに「アップグレードプログラムEX」に加入し48回の割賦払いを契約していると、24ヶ月利用した後に今まで利用していたスマホの分割支払残額相当分の支払いが不要になります。

 

また今まで使っていた機種を下取りに出すと最大で55,080円の割引もあります。ジャンク品であってもここまで高額ではないにしても、下取り対象になります。これらのキャンペーンはそのときによって変化していますので、最新の情報を確認する必要があります。

 

また更新月が近くなると機種変用のクーポンが届き機種代から割引することもできます。ただし本人(家族)以外では使えませんので注意してください。

 

ただしauの場合、契約した当初に「毎月割」として2年間毎月の料金が割引されているのですが、これがスマホの分割料金に充てられているような状態になります。そのため2年経過して端末料金の支払いがなくなり割引対象ではなくなってからも、月額の支払い料金は変わらなくなってしまいます。

 

auユーザーが乗り換えをするときは?

次にauユーザーが乗り換えをするときについて説明していきます。この方法であっても今まで使っていた端末の下取りが対象になります。

 

故障などのない通常品だとiPhoneXで55,080円、iPhone8プラスで39,960円、iPhone8で33,480円といったように機種が新しいものだと買取額が高くなります。

 

またauからソフトバンクに乗り換えたと仮定した場合、まず1年間毎月1,000円の割引が適用になる「1年おトク割」や、iPhoneXRに乗り換えると機種代金から「10,800円割引」、などのお得なプランもあります。インターネット経由で乗り換えするとお得なキャンペーンが適用になることも考えられます。

 

ソフトバンクだと条件はありますが最大で??万円分のキャッシュバックになる可能性もあるので、auユーザーが乗り換えをするならソフトバンクを選ぶのがお得だと言えるでしょう。また乗り換えをするときに店頭よりもネットを選ぶのをおすすめします。

 

auユーザーは機種変?乗り換えどっち?

誰もが悩む機種変か乗り換えどちらにするのかについてですが、機種変だと確かに一見割引額も多くお得に見えるのですが、割引も終わってしまう分そのままauを使い続けていてもお得になるとは限りません。

 

そのため2年の更新月になったら他社に乗り換えをしてしまったほうが結果的にお得になる可能性が高いといえるでしょう。ソフトバンクだと高額キャッシュバックもありますが、このキャンペーンがいつまで実施されているかわかりません。

 

特に最新機種が欲しいと思っている人にとっては嬉しいポイントでしょう。

 

Auユーザーで機種変か乗り換えか悩んでいるときは乗り換え先のキャンペーンを把握した上で、少しでもお得になる方法を選ぶようにしてくださいね。

 

 

auユーザーは、機種変か乗り換え、どっちがお得?

↓ここからは、過去の記事です↓

現在もiphone利用で、そのまま6の16GBに機種変すると、その負担額は、
マイナス20,000円から8,500円の変動価格となります。

 

一番、メリットの大きいケースは5の16GBから6の16GBへ変更すると
17,480円のお得(通信料金が割引)となり、特に2年の縛りが解けるユーザーが最も優遇される結果となります。

 

iphone以外ではどうか?というと実質11,520円の負担で、月間では480円になりますが、これはiphoneの下取り金額の差が大きい為、生じる結果です。

 

auユーザーが他社へMNPする場合は、ドコモでもソフトバンクでも差はありませんが、2年の縛りが終わっていればマイナス28,080円の負担となります。

 

プラスでソフトバンクは1万円のポイントバック、ドコモでは10,800円の端末割引が設けられています。

 

MNPでは、更新月にするのが最もいいわけで、5,400円で済むものが更新月でないと、15,660円と跳ね上がってしまいます。

 

auユーザーがドコモやソフトバンクへMNPする場合で、違いが生じるケースは、
iphoneでも4SとかAndroidスマホなどを使っているケースです。

 

ソフトバンクは上記の端末でも下取り価格が高額ですが、
ドコモは4S以外はキャンペーン対象外となります。

 

iphone6にMNPするなら、ソフトバンクが有利!

iphone5のauユーザーであれば、

2年の縛りが終わっているならソフトバンクへのMNPがお得

ポイントバック、おかえりボーナスなどメリットが大きいので。

 

更新月でないと、溜まったポイントが無効になったり、スマートパスの利便性が無くなったり必ずしもメリットばかりとは限りません。

 

多少のコスト増は、我慢してもauを使う方が賢明かもしれませんね。

 

他社へのMNPがお得なのは、縛りが終わったスマホからソフトバンクへMNPする場合です。

 

iphone6の16GBで言えば、auで機種変すると1万円以上の負担に対し、
ソフトバンクへのそれは
下取りで24,840円、更に10,000円のポイントバックがあります。

 

ドコモでも実質負担は0円となり、おかえりボーナス対象者に関しては
10,800円もの割引があるくらいです。

TOPへ