MNPではキャリアメールアドレスが使えなくなる!

ご存じだと思いますが、MNPをするとそれまで使っていたキャリアのメールアドレスが使えなくなります。

 

キャリアのメールアドレスをメインで使っている人の場合、乗り換えをしてメールのやりとりができなくなると会員情報の引き継ぎができなくなってしまい、再度一からアカウントの登録が必要になってしまうケースも考えられます。乗り換えを定期的に行う予定(※2年に一度)の場合は、キャリアのメールアドレスを使わないか、最小限にしておくと、乗り換え時の余計な手続きの緩和にも繋がります。

 

それ以外にも画像やデータ、連絡先などもSDカードやクラウドサービスなどでバックアップを取っておく必要があります。乗り換えた先では連絡先のデータが自動で移行されるわけではありません。

 

連絡先に登録しておいたデータが引き継げず再度相手に確認したり登録し直したりする手間がかかってしまうことがあります。クラウドサービスで画像などのデータをバックアップしておくのがベストですが、なかには「iCloudがいっぱいで保存できません」などの表示が出てしまうこともあります。iPhoneの設定を見直すとストレージの枠を開放できたり、データのバックアップができるようになります。

 

それでも難しい場合は、グーグルフォトなどで写真のデータをバックアップしておくのをおすすめします。新しい携帯にしてから、アプリをインストールしてログインすれば問題なく引き継ぎができます。ただし読み込み作業に時間がかかる場合もあるので、Wi-Fi環境が整っている場所でこの作業を行うようにしてください。ギガが大量に消費してしまう可能性や、引き継ぎに時間がかかってしまうことも考えられます。

 

また、Androidからiphone、またはその逆もそうですがそれぞれで購入したアプリも引き継ぎは出来ないので、気を付けて下さい。また機種変においてもデータの引き継ぎが必要なゲームなどもありますのでIDを控えておくべきでしょう。それぞれのゲームの中でIDを発行する方法が変わりますので確認するようにしておいてくださいね。

 

月額の漫画読み放題のアプリなども、手続きをしていないと新しいスマホで見ることができなくなってしまいます。せっかく読み込んでいた漫画があってもデータの移行ができないのは困りますよね。

 

私も失敗しましたが「LINE」などもアカウントの紐付けをしていなかったので、「友達」のデータが半分以上無くなっていました。後から紐付けようとしてもできなくなり、都度確認しなくてはいけなくなると考えるとあまりに現実的とはいえません。また、FacebookやツイッターなどのSNSはログイン履歴が残るので、ログイン時に使用するメールアドレスやパスワードがわからなくなってしまいがちです。

 

乗り換えた先でログインが必要になった時に、忘れてしまいログインできない・・・なんてことがないように注意しましょう。

 

乗り換えは簡単だと思っていてこれらの注意点に気付いていない人もいるのですが、事前の準備が必要になります。乗り換えで購入しようと思ったらまずは手元にある携帯を確認しておきましょう。

 

データの引き継ぎ、クラウドなどの状況を確認し問題を解決するようにしておいてくださいね。

TOPへ